二重まぶた

自力で二重まぶたにしたときの体験談

様々な二重アイテムを使って自然な二重まぶたにするまでも道のりと、体験談について紹介します。

生まれつき重めの一重まぶたで、この目がコンプレックスだったので中学生の頃からアイプチなどの二重アイテムで自然な二重まぶたを作る努力をしていたのです。


>>二重まぶた化粧品【二重にする方法】


最初の数年はアイプチを落としてしまうと元の重い一重まぶたに戻ってしまい、何度も諦めかけたこともあります。

高校生になるとアイプチだけでなく、メザイクも使ってクセをつけるようになります。何となく無理のない自然なまぶたにはなりますが、自力で二重まぶたになることは無かったのです。

ですがそんな時に実践したのは、寝るときにアイプチを使ってクセをつける方法です。寝ている間だけアイプチで二重まぶたにして、そのまま眠るという簡単な方法です。

これを実践した数週間後には、今までつかなかったクセがつき始めます。目ている間にしっかりクセをつけていたのが良かったみたいで、自然なラインが出来るようになったのです。"

二重まぶたにした体験談メニュー